(2)渡船

渡船

利根川の下流域では、自家用の小舟が多数使われていたこともあって、対岸との行き来は渡船場に限らず頻繫に行われていました。
明治以降に進められた利根川を直線化する改修工事の影響で、地域を分断された場所では対岸に分校を設置する学校も多く、児童のための学童渡船が行われました。現在は富田渡船(小見川区)だけとなっています。