(4)春の神宮

春の神宮は境内に咲き誇る桜が鮮やかです。表参道・旧参道はまさに桜のトンネルとなります。参道の玉砂利を踏み締めながら眺める桜を一度お試しになってください。
4/1~15日の間さくらまつりが開催され、ぼんぼりが飾られ、夜間はライトアップもされています。

御田植祭

春の神宮

 例年4月第一土、日の2日間(午年の式年祭の時だけは日曜日のみ)行われ、通称『かとりまち』と言われ、日本三大御田植祭の一つです。一日目は耕田式で、鎌・鍬・鋤や牛によって耕田風景を模した行事や、舞女による田舞や早乙女手代による植初め行事が奏されます。二日目は田植式で、御神田で早乙女手代が田植え歌を歌いながら苗を植える様は、昔からの稲作風景を今に伝えるものです。

例 祭

春の神宮

 4月14日に行われる、皇室の弥栄と国家の安泰・氏子崇敬者を始め国民の繁栄をお祈りする年間祭典の中で最も重要な祭りです。勅祭社の一つであり、皇室より特別の崇敬をいただいている神社で、6年に一度(子年、午年)は勅使の御参向があります。

神幸祭

春の神宮

 神幸祭は、例祭の翌日、毎年4月15日午後に、執り行われます。氏子地域の人々約200名が、平安時代さながらの装束に身を包み、御神輿を中心に行列を組んで、参道入り口の大駐車場まで進み、御駐輦祭を行い社殿へと戻ります。祭典前、境内では香取神道流の奉納演武や、オランダ楽隊の演奏などが行われます。

式年神幸祭

春の神宮

 12年に一度、午年の4月15・16日の二日間に盛大に執り行われます。祭神の経津主大神が戦の神として崇拝されている事から、戦中までは『香取神宮神幸軍神祭』と呼ばれ各地から軍人が参加しましたが、敗戦によって軍神の名前は消され、香取神宮神幸祭と呼ばれています。伝承では東国平定の凱旋パレードが始まりであると伝えられ、元は式年遷宮大祭の名で20年に一度行うとされていましたが、戦乱の時代の鎌倉時代から行われなくなり、明治8年(1875年)に行列を作る供奉行列が再現され今日に至っています。
 午年の式年神幸祭には、供奉者およそ3,000名が約4kmの大行列を組んで津宮へと進み、朱塗りの董橋(ただすばし)通称「じょんぬきばし」を渡り、利根川沿いの鳥居河岸より御座船で川をのぼります。佐原の沖合で鹿島神宮の出迎え船による御迎祭が行われた後、佐原河口に上陸し、御旅所に一泊し、翌日佐原の中心部を通って香取神宮に戻ります。陸に水上に多くの氏子や崇敬者が供奉しての一大絵巻が斎行されます。次回開催は平成26年(2014年)4月15日、16日に行われます。